無料ブログ作成サービス JUGEM
本・ツバキ文具店

JUGEMテーマ:読書



NHKテレビでやっていた。毎回心和むから、その和みを永遠に感じたくて購入。所々、違うところはあるが、最終的に話は同じだ。心温まる作品である。小川糸さんの本を他にも読みたくなった。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本・わたしらしさを知る マイノートのつくりかた

JUGEMテーマ:読書



読み返すために書く斬新な発送。表紙にある「衝動買いがなくなった」「自分自身と仲良くなれた」という部分に衝撃を与えられた。
今の気持ちが将来どのようにつながるのか、どのように思い直すのか、将来の自分がどのくらい成長しているのか知るために、マイノートを始めたくなった。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本・塩の街

JUGEMテーマ:読書



著者 : 有川浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日 : 2010-01-23
塩の結晶が落ちてきて、多くの人間が塩害死してしまうところが強烈に印象的で怖かった。主人公の恋愛事情により、先を楽しむようになり、不思議な気持ちになった。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本・今日から人生を変えるためのエンジンになる本

JUGEMテーマ:読書



はあちゅうさんのことはラジオで知っていた。前向きにいろいろ挑戦する女性だと思う。ブログをまとめた本。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本・検屍官

JUGEMテーマ:読書



変質者が次々と女性を襲う。しかも、異常な行動で、、、、。主人公は女性検屍官。犯人が最後までわからないし、犯人の目的もわからないまま終わってしまった。ややがっかり。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本・ビブリア古書堂の事件手帖7

JUGEMテーマ:読書



シリーズ最終巻。栞子と五代の恋の行方や、栞子親子にまつわることが明らかになる。そこも見どころだが、シェイクスピアが題材なのも面白い。古本についての骨董価値など、興味深い内容だ。このシリーズは終わってしまうが、スピンオフ作品を出していくらしい。これからも楽しみだ。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本・幸せなお金持ちになる すごいお金。

JUGEMテーマ:読書



とにかく、凄い。この本は、凄い。なんだか元気になれる一冊。決して、今までの行き方や気持ちを否定していない。そこから、どう思うようにするか、どう行動をするかという。
自分の付加価値を上げること、絶対にお金に困らないと口にすること、天国貯金のことが心に残る。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本・大丈夫!うまくいくから -感謝がすべてを解決する

JUGEMテーマ:読書



この本は、2010年3月21日に購入したまま読んでいなかった。それから、7年後の3月21日 に本棚から手にした。精神レベルが下がっていると感じた今だからこそ、手にして読むべき時だと直感したのかもしれない。そして、今のモヤモヤした気分をリフレッシュさせてくれた。
考え方一つで、人は元気になれる。周りに起こることは、自分の意識がつくっていることも思い知らされた。元気になりたい人のための一冊。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本・源氏物語 巻三

JUGEMテーマ:読書



光源氏は、帝の愛する人との密通現場を押さえられ、官位を剥奪され、流罪になる前に自ら都を出てから戻るまでの話。最後にある「源氏のしおり」で復習すると、物語がまた一層わかる。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本・ママの人生

JUGEMテーマ:読書



「小説」と簡単に言ってしまうのはもったいないくらい凄い本だ。
主人公が小学生から社会人になるまでの内容であるが、そこには人生の学びがたくさん詰まっている。
40才後半の私もまだまだ学んでないことがたくさんあると思った。
「人生は死ぬまで勉強」と祖母が言っていたことを思い出す。
生き方に正解はないのだから。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |