無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
映画「センター・オブ・ジ・アース2D」を観ました
センター・オブ・ジ・アース
センター・オブ・ジ・アース
マーク・レヴィン,河井直子

上の商品は、単行本ですが、10月から上映している「センター・オブ・ジ・アース」を観てきました。
この映画は、”3D”があるんですよ。
でも、私の行った映画館は”2D”しか上映していませんでした。
もしかしたら、3Dの方がもっと迫力があったのかな?

このところ旦那様の影響で、アクションアドベンチャーものを観ています。
インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」、「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」、そして、今回の「センター・オブ・ジ・アース」。
どれも古代文明を元にしていて興味が湧きました。
その中でアクションがあり、ロマンスがあり、夢があり、私は楽しめました。
どういうわけか、私が印象に残るものって女性の強さなんですよね。
どの映画を取ってもすべての女性がたくましいんです。
「センター・オブ・ジ・アース」ですと、ハンナの勇敢なところ。
絶体絶命のところでも前向きで突き進み、女性の弱さを見せない。

自分の理想とする人物像なんですね、きっと。

ストーリーは、地球の中心に何があるか、
本当に本にあるとおりの空間がそこにあるのか、
たどり着くが地上に戻れるか、
信じる者と信じない者が探検をしていきます。
ハラハラドキドキアクションなので、
3Dで観たらきっと、自分が絶叫マシーンに乗っている気分になったかも。

とにかく、ハンナ役のアニタ・ブリエムがステキでした!




TREview
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| Rie | 映画館に行ってきた | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。