無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
鈍感力、スーパーマン・リターンズ
鈍感力
鈍感力
渡辺 淳一

2007年5月30日現在で楽天ランキング小説・エッセイ部門第一位の本です。
小泉元首相のコメントで話題になったこの本ですが、
確かに鈍感力は必要だと実感しました。
敏感より鈍感な人の方が出世するということも納得です。

人のことを気にしすぎたり、
人の悪い面を見て怒ったりすることも敏感だからこその感情。
体調面でも、ばい菌を怖がりすぎて抵抗力がなくなり、
弱くなることも敏感すぎてのこと。
体も恋愛も結婚生活も職場も、気にする人より気にしない人の方が、
いろいろ乗り越えていけるんです。

読んだ人の感想は、良い面も悪い面もいろいろありますが、
私は自分も鈍感力を身に付けたいと思う一人になりました。

著者は、大学卒業後、医者(整形外科医)として10年働いていたそうです。
ですから、体調面の話については専門的内容もありうなづけました。

著者は、ロマン小説で有名ですよね。
例えば、「失楽園」や「愛の流刑地」があります。
ドロドロした恋愛小説はあまり好きではないので、
他の本は読んだことがありません。
でも、ドラマ「エ・アロール」は好きですね。
原作本はまだ読んではいませんが、
機会があったら読みたいと思っています。



近日発売↓
スーパーマン リターンズ(1枚組)
スーパーマン リターンズ(1枚組)

ヒーローもの映画の一つ「スーパーマン」の5作目です。
ある程度の内容や主人公スーパーマンの仮の姿が新聞記者
ということくらいは知っていましたが、
全作見たわけではない私です。
でも、楽しむことができました。
むしろ全作見たいと感じました。

スーパーマンはアクションや正義の味方というイメージが多かったのですが、
しっかり恋愛もしています。
人間味のあるスーパーマンだからこそ人気があるのかと思いました。
ただ、悪役の設定がいまひとつという感じ。
なんとなく子供向けアニメの悪役のようなイメージ。
そこがちょっと残念でした。

さて、6作目はあるのだろうか・・・。

←どんどん読んでいきたい私に応援クリック!
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://bookblog.denmame.net/trackback/558730