無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
水曜の朝、午前三時、 M:i-3
水曜の朝、午前三時
水曜の朝、午前三時
蓮見 圭一

45歳で亡くなった女性翻訳家 四条直美が、病床で4巻のテープに吹き込み語った人生。

その内容は、1970年夏に開催された「大阪万博」から始まる。

その時に出会った男性と恋に落ちた直美は、彼の正体を知ると同時に逃げてしまう。
でも、その彼を忘れることなく過ごしてきた日々。

この本には、A級戦犯だった直美の祖父のこと、毎年夏になると直美は祖母と靖国神社に参拝していたこと、北朝鮮のことも少し語られています。
そういった歴史の重みも感じました。


M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション
M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション

最初から最後までハラハラ・ドキドキの連続です。
内容の進みが早いので飽きることがない。
その代わり、映画館から出る頃には心身共に疲れてしまいました。

アクションが好きな人におすすめです。
| Rie | おすすめ本・DVD・CD 「選伝豆のブックサイト」にて紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。